岩通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 師匠の怒り

<<   作成日時 : 2007/02/04 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

「あれ?どしたの?なんか今まで見たことない顔してるぜ」
「うーん・・・うーん・・・」
「どどどどうしたんだよ。マジで心配だな。しっかりしろよ」
「感じてたんだよ。ものすごい怒りの力を」
「へ?どういうこと?」
「俺が許したはずの連中に対してただじゃすまさないって師匠が怒ってるんだ」
「ほんとか?」
「たぶんな。すごいイメージだよ。命の底から怒ってるみたいだ」
「・・・・・」
「いろいろ俺が書いたことで気づいたことがあって確かめてわかったことがいっぱいあるんじゃないか」
「お前は具体的に全て知っているわけじゃないからな」
「そうそう。だからあの程度ですんだかもしれない」
「それと自分のことだから相手がかわいそうになってくるものな」
「そうそう。師匠だってそうだよ。自分がやられたら最後はまあしょうがないになると思うけど、弟子だろう、それだから半端な怒りじゃないと思うよ」
「怖いな」
「怖いよ。確かに。すさまじい怒りだよ。言語に絶するよ」
「そこまでいくのか」
「ああ。だって、真剣に道を求めて努力していた弟子をことごとく否定して自分の都合のいいように利用しようとしたんだからな」
「そういうことになるのか」
「なるみたいだな。だからそういうことをしたあいつらをこのまま何もなく見逃したら余同罪になって組織全体が罰を受けると判断されたんじゃないかな」
「お前をいじめたことはそんなに重い罪なのか」
「らしいな。だって・・・そうだろう、今の状態を見れば。わかるよなあ。だから俺としてはまあいいやと思うんだけどな」
「弟子をいじめられて黙っている師匠じゃないということか」
「事実を知れば知るほど許せなくなるんだろうな。だって、根本的な次元の悪だともいえるからな」
「なるほど。適当に許すわけにはいかないと」
「たぶんな。騙されてたのは俺だけじゃないよ。より根本的には師匠が馬鹿にされて騙されていたということだもの。そりゃ怒るよ」
「余同罪って怖いものな」
「そういうこと」
「ところで余同罪ってなんだ?」
「悪事を働いた奴を見逃して知らん顔することだよ。それは悪事を働いた連中と同じ罪を犯したってことなんだ」
「この場合は仏法上の、根本的な罪だな」
「そうだよ。世間的な国法で裁く犯罪とは違うんだ。恐らく助からないだろうな」
「具体的にはどうなるんだ?」
「それはわからないよ。でも恐ろしいよ、本当に」
「それは連中もわかってるな」
「そうだろう。でも俺に対して悪いとは思わないよ。だから謝りもしないじゃないか。それより自分がどんな裁きを師匠から受けるか怖くて仕方ないんだ」
「ある意味突き放されるだろうな」
「ああ。あのスピーチ読んでどうやったら元の自分のポジションに帰れるかわからなくなっただろうな」
「皆にばれたしな」
「そうそう。無間地獄って現実にあるんだよ。あいつらがその証拠になるんじゃないか」
「お前はそれほど怒ってないのにな」
「だから師匠の怒りなんだよ。本当にただじゃすまないぜ」
「なんだかそうやって組織の本当のことが他の人にも見てもらえるというのは、ある意味辛いな」
「辛いね。子供の頃から知っている人たちばっかりが裁かれるからな」
「それだからこそ根本的な次元だし、容赦できないことになるな」
「本当にいい加減に終わらせるわけにはいかなくなってるよ」
「そりゃそうだろうな。組織以外の人たちも本当に怒ってるだろうから」
「新聞であれだけ組織に悪いことをした連中を叩いたんだしな」
「そうだよな。適当に許したら矛盾してるって言われるよ」
「組織のこれからにマイナスだもんな」
「そうだよ。誤解されたままになるぜ」
「どうだい?消えてきたかい?師匠の怒りのイメージは」
「うん。これを書いたからな、きっと。俺がそういう怒りに突き動かれ続けるとブログが暗くなるからな。それは避けないと」
「どうなるかはいずれわかるな」
「ああ。怖いことだよ」
「じっと見ているしかないな」
「そのことで仏法の考え方がわかるんだもの。そうするよ」
「反面教師か」
「仕方ないよ」
「そんな使命は持って生まれたくないな」
「自分の責任だよ、結局はな」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この間、いじめをした子を教師が叱ったら、その子が自殺をしてしまいましたね。
いじめる事、叱る事、許す事、反省する事、どれも難しい時代になってしまったのですね。
信仰、修行の重要性がますます強調されますね。
ウタ
2007/02/05 10:14
ああ、そうだったんですか。知りませんでした。自殺はしてはいけませんね。その子のご冥福を祈ります。
でもいじめたことを叱られたから自殺するというのはおかしいですよ。結局反省することから逃げているだけです。死者に鞭打つようですが、自殺したその子はまた同じ悩みや苦しみをかかえて生まれてきて人をいじめてまた自殺するかもしれませんね。どこかで断ち切る勇気を持たないと。
反省して謝ることの重要性こそ大事です。自殺することで逃げるより謝る勇気を持ってほしかったですね。
岩通信
2007/02/05 11:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
師匠の怒り 岩通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる